比べて低いのであれば時間のかかる手続きもなく簡単

通常、カードの利用限度額を使用者が普段使う以上に高めになっていると安心だと誤解して必要よりもクレジットカードを使ってしまったりするようですね。78-19-77

カード使用の危険を抑えておく意味でもクレカの上限をできれば少なく決めておこう・・・という意見が、これから提案する文章の主旨となります。78-3-77

カードの限度額を引き下げる手順▲カードの月の利用限度額の引き下げことは、月ごとの限度額を増やす手順といっしょで手軽です。78-18-77

カードのバックに載っている専用窓口に問い合わせて、「カードの限度額を下げていただけませんか」ということをオペレーターに向けて伝えるだけ。78-1-77

だいたいはすでにある限度額に比べて低いのであれば時間のかかる手続きもなく簡単に限度額の変更が終わってしまいます。78-9-77

限度額をコントロールしておくのは危険を避けることにも結びついている:上限の抑制は自分をセーブできる等の益はもちろん資産を守ることにもなります。78-8-77

もし仮に、手元のクレカが盗られて偽造されたような状況でもあらかじめ契約カードの月の利用限度額を低めにコントロールしておくなら損害を可能な限り最小限にするようにできるためです。78-11-77

安心して欲しいのは、もしクレカが勝手に使用されるようなことになった場合でもクレジットカードの所有者に意図的と言えるような問題がないなら、盗難保険というものがユーザーを保護してくれるし心配はないわけですが1%の可能性のことを頭に入れておき必要のない上限は下げるようにしておくなら安心でしょう。78-16-77

不必要な上限設定は良いとは言えないことにすぎません。78-17-77

78-20-77

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.nasheedtube.com All Rights Reserved.