個人間でクルマを売却するときに

自動車に乗っている人であれば知っていると思いますが自動車税というものが徴収されます。79-9-77

そしてこれは手放す中古車売却の際に普通に戻ってくるのです。79-20-77

これについては実際に実行してみたら理解できますが、これからはじめから順番に詳細に説明していきます。79-8-77

注意書きするならば、日本で生産されている車だけでなくアメ車でも自動車税が還付される範囲に決まっています。79-19-77

もちろん所有車などもそうです。79-4-77

車を持っている人が支払い義務を負う税金でこれはそれぞれの排気量の大小毎に定められています。79-16-77

1リッターより小さいならば29500円となり1リッターより上で1.5リッター以下までなら34500円です。79-7-77

これからは500ccずつ5000円ずつ増加していきます。79-14-77

そしてこの金額は4月1日現在ののオーナーが今年度の自動車税を払うことになります。79-3-77

つまり前払いになるということですから当然クルマを買取してもらって所有権を手放した際には前払いした分の自動車税は返還されるんですね。79-2-77

この税は前払いで今年度の税額を納付するから一年以内にクルマを手放した場合は、買い取ったオーナーがこの税を負担するのです。

買い取った相手が専門店の場合は買い取り時にあなたが先払いしている分の税額を返してくれます。

要は所有権が移った日以降の税は、入れ替わった保有者が納付義務を負います。

あなたが10月中に愛車を引き取ってもらったのであれば11月以降来年3月いっぱいまでの払ったお金は返還されます。

というのは前述の通り自動車税というのは一年分を前払いしているということによるものです。

まとめるとあなたは売却先に払いすぎたお金を返還してもらうということなのです。

個人間でクルマを売却するときに、結構このような重要な事実に気づかない人がよくいるので、しっかり忘れないようにしなければなりません。

自動車税という税金は車を売却すると返金されるという事実を意外に知らない人が多いからと言ってそれを説明しない悪徳業者もいます。

自分から税金について話を切り出さなければ、完全にそのことには触れないという場面も聞かれます。

そのため自動車の売却をするさいには、税金が返金されるのかどうかを確認することをおろそかにしないようにしましょう。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.nasheedtube.com All Rights Reserved.